<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ

現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。 ドライアイというのは眼の水分が少なくなり眼が乾いてしまう状態のことを言います。
レーシックというのは角膜を削ることになるので、角膜には眼の水分を調節させる神経が多くあることからレーシック後にドライアイを引き起こしてしまうこともあるのです。
レーシックとドライアイの関連性についての知識をまずはしっかりと理解しておく必要があります。
実際ドライアイの人というのは、レーシックのクリニックで細かなところをいろいろと相談してみるようにしましょう。

 

ドライアイは目薬をさしていくことによって自然に治まる場合が多くなっています。
元々ドライアイの人だったとしましても、適性検査で合格をすればレーシック手術は可能なのです。



<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイブログ:2018年02月14日

コンチワ^^

減量している人にとって、
ホワイトデーというのは、結構つらい試練ですよね。

やっぱり、
もらったスナック菓子を一気に食べてしまう事は、
避けた方がいいと思います。

でも
分散させて日々ちょっとずつ…というのも、
実は結構怖いことがあるようです。

と言うのは、
日々少しずつ食べるというのは非常にいいのですが、
手元にスナック菓子があると、
つい10時起きたりしたときに、
ちょっとつまんで口に入れたりして、
まさに少しずつ食べたりします。

さらに会社や学校から帰って来たときに、パクッと…

これはたまたま貰いものが手元にあるから、
「1回くらい」と思って誰でもやってしまうことで、
こういう食べ方自体は
減量にさほど影響することではないと思います。

問題なのは、
その後で「1回くらい」から始まって、
そのスナック菓子が無くなるまで、何度も続けていると、
それが「習慣」になってくるという事です。

脳が「快感」を覚え込んでしまって、
10時起きた時や会社や学校から帰って来た時をきっかけとして
脳が快感を求め「食べろ」と命令してしまうんですね。

こうなると、もらったスナック菓子が無くなった後でも
その快感を求め今度は自分で買って食べてしまいます。

さらに量も増え始め、やがてやめられなくなり…という
「悪い習慣」が身についてしまいます。

だから「1回くらい」は悪いことではありませんが、
きっぱりと
「このスナック菓子が無くなったらやめる!」と心に誓ってから
食べるようにしましょう。

できればたくさんもらったモテモテのあなたなら、
姉やママさんに分けてあげて、
自分は一口づつ食べると言った具合にした方がベターだと思います。

・・・と、書いてみるテスト