<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第


<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
日本全国にレーシック手術を実施出来るクリニックがありますが、まずは評判の良い実績のある医師を探す必要があります。
つまりクリニック単位で探すのではなく、医師の経験と実績で探すことが最も大切なことなのです。 レーシックは現時点の視力を矯正する治療法であり、矯正された視力の維持までは保証をしていません。
一般的な近視の場合におきましては、近視の進行というのは20代後半で止まるとされているので、20代後半にレーシックを受けた人は視力が元通りに戻ってしまうことはほぼありえません。
レーシックによって視力を回復することは可能ですが、生活習慣などによりましては再びレ ーシックを受ける時と同じ視力まで戻ってしまうことがあります。
中にはレーシックを受けた時以上に視力が悪化してしまうなんてこともあるので覚えておきましょう。

現在20歳未満の人がレーシックを受けたとしても近視が進行中だった場合には、一時的に視力が矯正されたとしても、元々の視力に戻ってしまうことがあります。
もしレーシックを考えているのでしたら、なるべく20代後半頃になってから受けるようにしましょう。




<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第ブログ:2018年04月21日

減量を実践していると、
必ず体重の変化がなくなる時期が訪れます。
それが、減量の停滞期なのです。

大抵の場合、減量を始めると、
最初のうちはドンドン体重が落ちていきます。
それが楽しくて楽しくて仕方がないのですが、
停滞期になると、体重の減少の変化が
ピタッと止まってしまうんですよね。

自分では減量を頑張っているつもりなのに、
増えてしまうことすらあるかもしれません。

でも、減量をしていると、
必ず停滞期はやってくるのです。

逆に、停滞期のない減量は危険です。
もし、停滞期がなく、ずっと体重が落ち続けているのなら、
身体を壊してしまわないうちに、
減量方法を見直した方が良いですよ!

減量の停滞期の期間は、人それぞれですが、
停滞期を早く乗り越える方法もあります。

それは、基礎代謝を上げることです。
減量の停滞期には基礎代謝が下がっていますので、
適度な運動などで基礎代謝を上げれば、
停滞期から早く抜け出せるでしょう。
とはいえ、過剰な運動は危険ですよ!

また、体重ではなく、
体脂肪を減らさなければ、
減量の意味がありません。

体重が減らないからと、
極端な食事制限をすれば、まず筋肉から落ちてしまい、
基礎代謝が下がるので、太りやすい身体になってしまうだけです。

適度な運動をすることで筋肉がつけば、
一時的に体重が増えたように思っても、基礎代謝が上がるので、
いずれ体重も減り、スタイルがよくなるでしょう。

なので、
停滞期になってしまっても、焦らないで、
それまで通りの減量法を続けることが賢明なんです!

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第

★メニュー

<レーシックガイド>レーシックにおけるリスクを理解しよう
<レーシックガイド>レーシックの紹介制度を有効活用
<レーシックガイド>老眼治療もレーシックにお任せください
<レーシックガイド>乱視の悩みはレーシックで解決
<レーシックガイド>レーシック選びに口コミサイトを活用
<レーシックガイド>レーシックには保証制度もある
<レーシックガイド>なんと交通費を貰えるクリニックもある
<レーシックガイド>適性検査を受けてからレーシック
<レーシックガイド>レーシック後の視力維持は本人次第
<レーシックガイド>レーシックが原因でのドライアイ


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)そこが知りたい!レーシック情報